貯金が苦手な私の方法

 貯蓄方法  貯金が苦手な私の方法 はコメントを受け付けていません。
1月 292018
 

私は昔から貯金が苦手で、宵越しのお金は持たずのタイプです。あればあるだけ使ってしまうので貯金をした事もありませんでした。
夜の仕事をしていた時、衣装代や化粧品代でかなりの金額を使っていたと思います。仲の良い同僚で貯金の話になり、500円玉貯金はなぜ貯まらないのか?や株を始めるにはどこから勉強すればいいのか?という話題でした。その話から500円玉貯金をはじめてみる事にしたんです。実際に貯めたら驚くかなぁ?という単純な理由でした。
一年半かけて10万円貯まる貯金箱が一杯になり驚かせる事に成功したついでに、車を購入する頭金に使いました。

夜の仕事をしていると、お客様からチップを頂くことも多かったのですが私はすぐに使ってしまっていました。一応、手帳に頂いた金額は記録していました。改めて計算してみると毎月結構な金額になっている事に気づきました。なので、500円玉貯金だけでなくチップ貯金もはじめてみたんです。頂いたまま貯金箱ではなく封筒に入れていました。毎月の末に、封筒から出して計算したあと銀行に預金する癖をつけたら意外と貯まるようになってある程度貯まったら、定期預金にしました。

自分には出来ないと思っていた貯蓄ですが、意外と面白く感じるようになれたので同僚との他愛のない会話に感謝しています。

私の節約術

 節約方法  私の節約術 はコメントを受け付けていません。
1月 192018
 

まず食費を節約をします。新聞に入っているチラシを見てどこのスーパーが安いか値段を比較してから買い物に出かけます。タイムセールや午後5時以降の割引セールは見逃さないようにしています。買い物は予め予算を決めて現金ですると余計なものを買わなくて済みます。クレジットカードはペイバックのあるカードを利用しています。

食事には手間隙をかけると値段を抑えられます。食材が安い時に沢山買って作った物を冷凍保存しています。食材は、生の野菜は高いので冷凍品のミックスベジタブルなどを使うと、付け合せやお弁当にも利用できます。豆類は乾燥品を購入し、自分で水で戻して茹でてから調理します。サラダ用に使ったレタスの余りや痛んだ部分などの残り野菜は炒め物にするか、野菜スープの具にして捨てません。また、冷蔵庫の残り物で何か作りたい時はCook padでレシピを検索します。ある材料を工夫して美味しいレシピを考えるのも楽しいものです。

あと、ハーブ類やもやしなど、簡単な野菜類はプランターを使って家庭菜園しています。

外出する時は、持っていけない場合を除いて、基本お弁当持参。

衣類については、古くなったものは捨てずに再利用することを考えます。基本はリメイクとDIYです。ジーンズ地は丈夫ですし子供用服や簡単なバッグにリメイクできる素材なので重宝しています。また、子供のものは、フリーマーケットや古着屋さんなどで掘り出し物を探すのも楽しいです。

ネット購入も割引になることが多いので、よく利用しています。

預金の要領

 貯蓄方法  預金の要領 はコメントを受け付けていません。
1月 162018
 

財産を蓄えるのは大変ですが、ちょっとしたキーポイントを褒めちぎるとするならば、とてもお月収や得られる財産は、「懐に入ってから能力を企てる」というのが一番です。
順当じゃないかと当てはまるかもしれませんが、これがそれ程そうではなくなにかショッピングをするときやトラベルを日取りするときに、今月は強いけれど翌月の月収が入ればとか、賞与がもらえるので安心と無意識に考えてしまいがちだ。
そうではなく、今日手持ちも財産でどうにかならないのであれば、ためるまで踏ん張るなり、我慢するなりを練り上げるだけで、全体的に預金を考えられるようになるでしょう。
今月のお月収は20万円加わるから、10万円を光熱費、家賃として、残り10万円なんて場合は、10万円を下ろすのではなく、心配でも10000円ずつ下ろして利用するようにしましょう。
10万円が手元にあって、次の月収を待つのと、10000円ずつを使い切ってから、財産の能力を感じ取るのでしたら、後のほうが預金として残る金額も大きくなります。

日々の家計をデータ化して節約する

 節約方法  日々の家計をデータ化して節約する はコメントを受け付けていません。
1月 042018
 

減額を企てるのであれば、最終的にどのくらいのコストカットができたのか分からなければ意味がありません。また、一時的に金額を浮かすことができたとしても、それが継続的にできなければ、時間に対してのギャランティが感じられませんよね。できれば、面白く長く続けられるものが良いと思うので、私のふとした確定手法を教えます。

とりわけ、何が減額できるかをみんなはわかりたがると思いますが、各持ち家によってそれは異なると思います。なので、私のタイミング、毎月の実入りと返済をとにかく見るようにします。

エクセルを使って以下の目的をリストアップします。
ショッピングで購入した物
貸し賃(光熱費を取り込む)
人付き合い費
その他

ここで大事なのは、入念にならないことです。徹頭徹尾届け出なので誰かにあげるわけではありません。気軽にやってみましょう。

私のタイミング、ショッピングでふとしたスナックを買って仕舞う中毒がありまして。
月収のスナックフィーが1000円を越えていました。
それから、家でも麦茶を作っているのに、つい買って仕舞うペットボトルジュース。
非常食は大事だと無駄にカップ一部分を購入してしまったりと。

目につくものでこれは買わなくても良かったなと思うものが、誠に4000円はあったのです。

次にボクが目を付けたのが、水道フィーでした。
うちの母親の提議もあったのですが、お風呂に入っているときに、無駄にシャワーを垂れ流していると見なし、お銭湯用の砂時計を購入してみました。
マッチ感覚で、先ず砂が落ちきったら回転させて次の砂が落ち着るまでに心と身体を洗うなんてことをしてみました。
食器連中を洗うときにも水を生み出しっぱなしにしないようにして心がけるだけで、300円ほど食い止めることができました。

こんな感じで先ずボクが始めたのが「水の泡をなくす」ということでした。
実際そこまで四苦八苦をしたわけではないのに、5000円位節約することができているので、これならすぐに誰でもできることだと思います。