4月 172018
 

毎月カード支払日のたびに「ついつい使い過ぎちゃったなぁ」と思う方はいませんか? また、「お金を使ってるつもりはないのに通帳残高を見たら……意外と貯まってない」という方はいないでしょうか?

毎月の小さな心がけで年間100万円の貯金を目指すことも実は可能です。今回はその毎月の小さな節約の心がけを紹介させていただきます。

ただ節約するために遊びを減らしたり、趣味にかけるお金を減らしたりするのは悲しいですね。また、日々の食事の我慢をすることも、何となく寂しいでしょう。

そこでおすすめしたいのは、口座を分けるという提案です。給与口座と貯蓄用口座、その2つを開設すると良いでしょう。

次に、給与口座に給与が入ったら貯蓄用口座に、まずは1万円でも良いです。振り込むようにしましょう。大卒初任給を19万円としますと、月に3万円を目標に貯めたら2年目になる頃までには36万円とボーナスの半分くらいを目安に貯めると良いでしょう。あとはその繰り返しです。昇給するたびに貯蓄にする金額を5万円や10万円などにしていくときっとドンドン貯まっていくと思います。

ポイントは、給料の残った分を貯蓄にするのではなく、先に貯蓄にしたい分を貯蓄用口座に振り返ることです。

その際、ネット銀行がおすすめです。店舗がない分、定期預金の金利が大手金融機関の10倍の0.1%、ごく稀にですが定期預金キャンペーンで0.2%など低金利のご時世では考えられない大きな金利がつきます。利用者の急増により、振り込み手数料も無料の場合が増えてきました。ここで定期預金を組むことで大手金融機関よりも、はるかに利息を頂くことがでぎす。

ちなみに私自身の体験談で恐縮ですが、大和証券の付属のネット銀行の大和ネクスト銀行で資金送金サービスという自動的に無料で口座振替振り返えのできるサービスを活用し、毎月27日に給与のうち10万円を貯蓄用口座に貯めて年間100万円の貯金に成功しました。

他にも楽天銀行や住信SBI銀行など、定期預金の金利の高いネット銀行はありますし、楽天銀行ならば楽天ポイントを貯めてる人にとっては開設するだけで1,000ポイント付きます。

堅実に今から貯蓄したい方は、ぜひ今日からお試しください。貯蓄と節約上手、両立出来ると思います。

Sorry, the comment form is closed at this time.