先取り貯金を利用して、計画的に貯蓄を増やす

 節約方法  先取り貯金を利用して、計画的に貯蓄を増やす はコメントを受け付けていません。
1月 182017
 

我が家は夫だけの収入で生活している専業主婦で、節約をしながら毎月赤字にならないように気をつけてるようにしています。

そんな中で我が家がやっていることが先取り貯金で、夫のお給料が入ってからすぐに手取りから3万円を天引きして貯蓄に回すようにしています。

会社が提携している財形貯蓄で、毎月3万円づつは確実に貯蓄ができている状態なので安心です。

そのお金は老後資金として考えていて、定年するまで毎月3万円づつかけていくと、定年時には1,300万円程度になり、そこから会社から少し補てんする形で

もらえるようです。

まだまだ30代半ばで子どもの教育費をどうしようかなど考えている段階なのですが、このシステムを利用して自動的に老後の蓄えができているということを便利に思いますし

嬉しく活用させてもらっています。

正直なところ毎月家計から3万円というのは厳しく、これを積み立てずに使えたらもう少し楽なのになぁと思うこともありますが、先に楽をするよりも後からのメリットを考えてやっていて、老後になってからそのありがたさというのを実感したいと思っています。

毎月3万円づつというのが我が家では精いっぱいの金額ですが、これができているということが安心感につながっています。

貯めたポイントはもっぱら米代に消えています

 節約方法  貯めたポイントはもっぱら米代に消えています はコメントを受け付けていません。
1月 062017
 

当初、楽天市場で送料込みの激安米が売られていたので、米はそちらで購入していました。

ただでさえ安いのに、楽天ポイントでさらにお得に購入できたのでよかったんですよね。

ところが、昨年あたりから急に米の値段が値上がりしだしたんです。

今年の新米はさらに高くなり、結果、なんと1年で1,000円近くも値上がりしちゃいました。

そこでやむなく、近所のホームセンターで米を購入しようと思い店に行ってみました。

それなりに安かったんですよね、ホームセンターの米。

ところが、いつの間にか値上がりしていてビックリ。

安かった頃に比べてやっぱり500円以上値上がりしていました。

こんなに値段が急に上がるなんて、ハイパーインフレじゃないかと思うんですけど。

最後の手段で、食料品も扱っている大型家電量販店に。

すると、福島県産ですが、一応底値の米を発見。

こちらもポイントが貯まっていたので、ポイントと合わせてなんとか安く米を購入できました。

もうもっぱら貯めたポイントが米代に費やされています。

本当はもっと貯めておいて、いつか自分へのプチご褒美に・・・なんて思っていたんですけど。

食費節約が優先です。やむを得ません。

ポイント節約術がよもや米代で役に立つとは・・・というか、米代が上がりすぎなんですけどね。

苦手だった節約が楽しくなるとき

 未分類  苦手だった節約が楽しくなるとき はコメントを受け付けていません。
12月 162016
 

私は今まで節約とはほど遠い人生を歩んできました。

欲しい物は購入し、旅行に行きたい時は旅行に出るという浪費癖がついていたのかもしれません。

そんな私が節約を決意したのは、彼氏との結婚が決まったからです。

彼との結婚は夢であり、自分のしたい結婚式をしたいとずっと考えていました。

そのために節約することは難しくないと思っていたのです。

しかし節約をしたことがない私はその方法すら分かりませんでした。

手始めに始めたのは、給料日前にお金を降ろしたら、次の給料日まではお金を降ろさないということでした。

食費代・雑費代とあらかじめお金を分けることによって、自分がどのくらいお金を遣っているのかも把握することができ、自分の家計で節約すべき点などを見直すことができました。

それが慣れてきたら、食費を見直しました。

いつもはコンビニ食が多かったのですが、お休みの日にまとめて作り置きをするようになりました。

健康的であり、とても経済的でした。

まとめてつくることによって、ごはんを作る時にかかる光熱費も浮くので、とても節約ができたと思います。

こつこつと自分のできる範囲の節約を続けることで、ストレスもなく、目標金額にあと少しで達成します。

お金を貯めることもだんだん楽しくなってきました。

これからも続けていこうと思います。

出せないお金は使えないから貯まるのです。

 節約方法  出せないお金は使えないから貯まるのです。 はコメントを受け付けていません。
11月 082016
 

せっかく頑張って貯蓄したお金を貯まってる!って実感しながら貯蓄したいですよね?私は少しでも予算を余らせることが出来たらすぐに定期預金にしてしまいます。

今は通帳とキャッシュカードがあればATMですぐ定期預金に入金できます。窓口でするよりATMでする方が手続きが簡単なの上、だいたいの銀行で利息も少し上乗せされます。少額でも全く問題なしですし、期間も自由に選べます。普通預金や現金のまま置いておくより微々たるものですがもちろん利息も付きます。急に必要になった場合も印鑑と通帳があれば店頭で解約も簡単にできるし、出金しにくいと困ったことはありません。何より通帳の定期預金の欄が増えて目に見えて貯蓄できている感を味わえるのです。少額の定期預金が多すぎてすぐに通帳がいっぱいになってしまうこともありますが、それも嬉しいです。銀行によっては定期預金だけの通帳を発行してくれるところもあるそうです。

自分で家計簿をつけて増えていく貯蓄を管理するのも立派ですが通帳に書かれた金額って特別で見るたびに嬉しくなってしまいます。モチベーションを維持するのが難しい節約ですが、私はこの方法で続けてこれています。定期預金するとたまに粗品ももらえますし、ちょっと嬉しいことが多いですよ。

簡単に出来る節約法にはこんなものもあります!

 節約方法  簡単に出来る節約法にはこんなものもあります! はコメントを受け付けていません。
10月 262016
 

私たちは、何かと節約しなくちゃ・・・と思うような場面に遭遇するものでもありますが、それでも思うだけで、なかなか行動には移せないと嘆いている人も少なくありません。

特に主婦の場合だと、家計を任されていることも多いため、何かと気もつかうものです。

しかし、肩に力を入れていると、どうしてもうまくいかないこともあります。

そんな時には、気軽に出来る節約法から始めてみてはいかがでしょうか?

例えば、以下のような方法も、簡単に出来る節約法でもあります。

[デパートでは商品券を購入して駐車料金を安くする方法もおすすめ!]

スーパーやデパートなどでも、最近では都心に近いようなところだと、一時間にいくらかは必要となることも少なくありません。

駐車料金が高い・・・と嘆いている人も多いようです。

この駐車料金を安くする方法としては、スーパーやデパートで一万ほどの買い物をして、その分、いくらから割引を受けると言う方法もありますが、スーパーならばまだしも、なかなかデパートで一万円分も・・・と考える人も中にはいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、商品券を購入して、その分の割引をしてもらう方法です。

JCBなどの大手のギフトカードならば、どこでも使えると言うケースも多く、物を買う際も勿論ですが、食事などでも活用できることもあり、おつりは出ませんが、何かとあれば便利なものでもあります。

そのため、デパートなどに行くと、まずはギフトカウンターで商品券を購入して割引を受けると言う人もやはりいるものです。

[安いからと言って何でもかごに入れるのではなくどれが必要かを考えて買い物をする!]

また、激安スーパーなどに行けば、安いものも沢山あるため、ついつい買いすぎてしまう・・・と言う人も多いものです。

自分では節約したつもりでも、毎日のようにスーパーに行けば、結果的には浪費してしまっていることも少なくありません。

これを防ぐためには、まずは家で献立を考えていき、必要分以外は買わないと言う方法もあります。

それに、ヨシケイなどの手軽で便利な食材配達などを利用するのも、一日に使う金額がわかりやすくなりますので、家計の把握にはぴったりの節約法でもあります。

生活をしている上で節約していること

 節約方法  生活をしている上で節約していること はコメントを受け付けていません。
10月 202016
 

私の節約術は移動にできる限り自転車を使用することです。

住んでいるのが都市部から少し郊外に位置するところですので、生活に車が必需品になります。仕事にしろ買い物にしろ移動する距離は短く見積もっても5キロ以上は移動しなければなりません。特に夫婦二人で買い物に行くときは荷物のことも含めて自動車を使うしかないのですが、私一人での移動をするときは自転車で移動することを心がけています。

特に職場までは7キロと適度な距離がありますが、できるかぎり自転車での通勤を心がけています。7キロですと距離があるようで時間にして25分くらいで到着するので車で通勤するのと変わらない時間で移動することができます。

1リッターあたり15キロぐらい走るとして一往復すれば丁度1リッター分の節約になり、また運動にもなるので一石二鳥だと思っています。これが一月に15日くらい行うとおよそ2000円から2500円くらいの節約になるのでガソリン費を考えると馬鹿にできない金額になってきます。雨の日は無理をしないで車での通勤を行っているため、梅雨の時期とかは車での移動になるので少しもったいないなあと思ってしまいます。

自転車にのる生活をし始めると、少し遠い距離でも一人でなら気軽に出かけられるので最初節約のために始めた自転車での移動が休日の楽しみの一つになっているのでいい傾向だと思っています。

冷蔵庫の中身を「把握」するだけの食費節約法

 節約方法  冷蔵庫の中身を「把握」するだけの食費節約法 はコメントを受け付けていません。
10月 192016
 

個人事業主としての私の仕事の低迷と、夫の転職を機に本格的な節約を始めて1年が過ぎようとしています。家族は大人3人に子ども1人。これまで週15000円かかっていた食費を9500円にまで節約、現在も続いています。どうやって節約をしようかと考えた時にまず目をつけたのは食費でした。丁度その頃に「家庭での食品破棄が多い」というニュースを目にし、我が家はどうだろう、もしかしたら節約につながるのでは・・・と思ったことがきっかけです。

冷蔵庫を覗くと、野菜室には古くなった野菜が入っており、賞味期限の切れたドレッシングや調味料であふれている、冷凍庫にはいつか食べると保存した食料がずらり。これではいけないと思いました。そこで買い物に行く前に冷蔵庫を見てどんな食品が入っているのかを確認してから出かけるようにしました。冷蔵庫内に入っている食材をもとにあらかじめ作る料理を決めて購入、量は買っても2日分まで。ドレッシングを購入するのはやめてマヨネーズや手作りできるドレッシングを適量作るようにしました。この方法を始めてからは冷蔵庫に何が入っているかをしっかりと把握でき余計な買い物をしなくなりました。結果1ヵ月で5000円以上の節約につながっています。

私のコストダウン施策は、先に買って仕舞う件

 節約方法  私のコストダウン施策は、先に買って仕舞う件 はコメントを受け付けていません。
10月 022016
 

あたいが行っている減少ポイントは、ほしい物などを先に買って仕舞う事です。
一体どのようなものかと言いますと、具体的にいうとあたいはオーディオが道楽なのですが、
オーディオというのは必要な備品も数多く、またその別個がやけに高価です。
節約し貯金して備品を買っていたのですが、とにかくペラペラ無駄遣いをしてしまう事が多いです。

そこであたいは思い切って先に欲しいものを買ってしまおうと思いました。
クレジットカードや蓄財を切り崩し、先に欲しいものを買って仕舞う事で減少をせざるを得ない状況にしてしまったのです。
これがさほど効果的で、実に購入してしまったので相当積極的に節約することが出来ました。
また、オーディオは備品さえ買ってしまえば以外に金銭のかかりませんので、もう一度減少も捗ります。
購入した目新しい備品を堪能するために持ち家にいる事が多くなり、出陣なども控えるようになったのも減少に一役買いました。

ただ、この方法の注意すべき点は生活費やその他の出金を考えたうえで購入しないと経済的に非常に厳しくなって仕舞う恐れがあることです。
クレジットカードの支払金額やもしも以外に貸出などがあった場合はそれらをぐっすり考慮する必要があります。
もしも、自分でぐっすり管理できるのであればこの方法は非常にお求めだ。

おつとめ小物を完遂利用しています

 節約方法  おつとめ小物を完遂利用しています はコメントを受け付けていません。
8月 102016
 

カットの握りこぶしの見せ所は食費だ。運賃や日用一品価格などは削り取りみたいが無い地点が大きいためです。食費は毎日のことなので、1回ずつにケチれる金額が20~30円であっても、ごみも積もれば山中と至るジャンルで月給にしたらくれぐれもメチャメチャにならない金額が節約できます。外食は当然削り取ります。外食にはロケーション価格やらメニュー費用やらが加算されているわけですから、どうして計算しても厳しくつきます。残るはミール価格。活用したいのは安売り日とおつとめ物だ。

おつとめ物は、生鮮野菜の場合にはある程度古くなったり規格外のカタチ、それ以外の物については賞味期限が迫っているものです。賞味期限は厳格に守られるためにコンビニではすぐに解消処置にされてしまう。悔しいものです。ちなみに便利ではミールは巨額場合が多いので、ミールを便利では買わないようにしています。便利では業者ごとに仕込みされた個性賜物が売られています。たとえばリップクリーム。セブンイレブンのリップクリームは安くて保湿思いが厳しく、お求めだ。

賞味期限周囲でもたとえばお茶などは十分に普通のテーストを楽しめます。場合によっては正価の6割くらいでおつとめ物に出されていることもあります。アメイジングで賞味期限間近の物をおつとめ物として提供してくれる企業を活用すると、正価だけの配送よりも1回につき、300円くらいは節約できます。

縮減の上の空は常々にあり!

 節約方法  縮減の上の空は常々にあり! はコメントを受け付けていません。
7月 102016
 

彼女と同棲しだして早2年頃。もう婚姻や幼児について見つけ出す目下。しかしいつまで経っても蓄え単価の桁が目立ちず。
自分なりにこれではいかんと低減を噛みしめるも、両人共稼ぎであり残業し疲れて帰って来た彼女に鞭打って夕食を作らせるのはなかなか気が引け、外食を提案する事がウィークに2、3回。
とりわけこれを減らそうとウィークデイに夕食を大量に買いつけ、小分けし冷凍ダウンロード。毎日の夕食を多少なりともラクラク。と打ち込むもさすが社から帰ると両人ともヘトヘト。鬱陶しいボディーを持ち上げ、二人で料理するみたい心掛けるようになり、低減をやるという感覚を沸々と捉え出していたそういったある日。
通勤に使っていた自分の愛車が故障した。10年頃側使っていたがどうももう一度明け渡す頃合のようだ。彼女も別で愛車を有するが、どうしても愛車がないと不自由とまた新たに愛車を貰うリサーチをしだした。月々の決定単価が一段と安くなり、簡単に払えるようになった愛車だが、この先何年も貸出を払い積み重ねるのは何やら気が引ける。
今までの食事に対する低減の頑張りじゃ事足りずというのは目に見えて要る。

なんとなく、側がバイク屋を経営している事を思い起こした。
そう、何も愛車です必要はないんだ。

社までの通勤距離はおおむね6、7隔たり。ウィークデイは全然彼女と一緒に行動しているので愛車はゼロ机でたくさん。
なにより、再び考えてみると停止場代3,500円×2机で月額7,000円。
社の側でもモータープールを借りているので黒字5,000円で、全て12,000円もひと月停止場代に費やしている。ガソリン料金や租税も少ないものではない。
いくら天秤にかけてもバイクに転向する事が良いと判断し、友人のバイク屋で驚く程安い値段でバイクを買う事が出来た。
ガソリン満タン入れても350円。それも10太陽に一括閉じ込める次元。
停止場代もかからない。

今どきバイクにのぼりながらにっこりが止まらない。
たいして、通常にあるものの中に低減の肝要が隠れるのかもしれない。