利潤のやり方に焦点を当てて短縮

 節約方法  利潤のやり方に焦点を当てて短縮 はコメントを受け付けていません。
9月 262017
 

コストダウンや貯蓄といいますと、一向に利潤を使わずに貯めこむという感じが先に来るように思います。確かに扱うばかりではコストダウンも貯蓄もできませんね。ただ利潤は使ってこそ通じるものだと考えれば、その上手な用法で結果的にコストダウンにもなり貯蓄が適うというのが理想です。

人間の野望は以上ないものですから、利潤を用いだせばキリがありません。ウエアが色恋は、金額日ごとに新品のファッションが増えていくでしょう。またピクニック贔屓のヒトは、ひとつのピクニックが締め括るとすぐに次のピクニックに出掛けたくなります。次は実は私の範疇だ。しかし残念ながら危険限られた費用の中で暮らしていますので、考えとは裏腹に次の周遊へのコストダウンが仕事になります。時間もかかります。

目的の薄いコストダウンはある種の習慣となるだから、まずまず堅実な家計振りが発揮できるでしょう。ただ私の場合はピクニック目的で、500円玉や100円玉を大きめの缶に入れておきます。気づいた時折ある程度の金額が貯まってあるという階段を期待するのです。ピクニックの付け足しに変わる程度の売値(10万円くらいを目安に)ですが、時間はかかります。

いままで軽く買っていた方法も、「実にニーズか?」と再び策するようになりました。仮に無くても寛げる方法ならば買わないでおこうと転じました。でも「買わない」ばかりでもつまらないものだ。利潤の能力のプライオリティーが大切です。「使わない事態」と言うよりも「取り扱う事態」に焦点を当てて、自分にとって大事なものにお金を使うことを考えている中途だ。

苦にならない範囲で節約生活続けてます。

 節約方法  苦にならない範囲で節約生活続けてます。 はコメントを受け付けていません。
9月 192017
 

私は、いまそんなに余裕がなく、節約生活を続けているんですが、最近はあまり無理もなく、節約生活を続けられています。
一番現在節約できているのは、食費ではないでしょうか?
一人暮らしなので何でも食べれるんですが、最近の主な食事は納豆ネギご飯です。
米ってすごく大事です。主食なだけあってお腹も膨れますし、そこに味噌汁があれば十分栄養が取れます。
また納豆は特売も多いですし、野菜は見切り品などで安く買えますし、ネギも安い時にある程度まとめ買いしても日持ちします。
この食事を始めてから、節約だけでなく体重も減少し、肌艶もよくなったので一石二鳥です。

また節約生活で一番重要なのが、外出した時にいかにお金を使わないか、というのが重要です。
外出時はコンビニなどで気軽に買い物が出来るので、ついついお金を使いがちです。
実際私も中々誘惑に勝つことが出来ず、外出するたびに思いがけなく出費することが多かったんです。
その為、実力行使に出ました。お金を持ち歩かなくなったんです。
今小銭入れとお札入れに分けているんですが、小銭入れは一切触らず、お札入れには1000円だけを入れ始めたんです。
もうATMも利用していません。

ここまで徹底する必要はないかも知れませんが、実際これを実行することによって買い物の質が上がりました。
お酒などの趣味嗜好品も減ったので、今では体調も良くなりました。
節約できることと、体調が良くなることを同時に楽しんでいます。

楽しみながら蓄える

 節約方法  楽しみながら蓄える はコメントを受け付けていません。
9月 132017
 

蓄財というとさっと意識を悩ませがちですが、こちらは楽しみながらためることを心がけていらっしゃる。
蓄財やカットに粘りすぎて生活に緊張を見まがうと蓄財が嫌になり、身辺も楽しめなくなってしまうから。
また中でも蓄財する際に「○○を貰う結果」「○○に旅行する結果」という好み開設もしていません。指しすぎて難しく考えることがあるからだ。
基本的に無精なので単独を不自由にせず、緩く蓄財をすることを心がけていらっしゃる。
まずは500円玉積み増し。決して貯まらないようなイメージがあるかもしれませんが、お金入れを開いて500円玉があったら積み増し容器に混ぜる。あまり大枚になります。こちらは至って前に購入した『国中一周トリップ10万円』というニュースに500円玉を貯めていらっしゃる。国中地方の名勝が書かれている下に500円玉をはめ込む落とし穴があって、そこにはめて貯めて行くシステムで、ニュースがゆっくり重くなると貯まってきたことを感じられます。
次にアンケートHPに登録してせっせとシチュエーションを貯めていらっしゃる。換金行えるHPにエントリーをし、スマホから時としてとアンケートに回答して500シチュエーションたまると登録しているふところへ払い込みプロセスを行なう。
ちっちゃなことですが、楽しみながら、または時間を使って時どきと貯めることが私の人物には合っている気がします。

お金を小分けして無駄な買い物を省く

 節約方法  お金を小分けして無駄な買い物を省く はコメントを受け付けていません。
9月 092017
 

今まであるだけお金を使っていたのですが、月末給料前になるとお金が無くなっていました。これではいけないと思い、まず、家計簿をつけることにしました。家計簿をつけることで、お金の流れが把握でき、無駄の見直しができると思いました。それと、お金の保管方法も変えました。

毎月の必要分を封筒に書いて必要金額だけ入れるようにしました。予備金も一応用意はしましたが、最低限の金額だけ残すようにしました。手元にお金があると使ってしまうので極力銀行に預けるようにしました。また買い物に行くにもキャッシュカードは持ち歩かないようにしました。

すぐにおろせると思えば何でも買い物してしまうからです。今、本当に必要なのかを一旦考えてから買うということになり、ズボラな私にとってとても良い方法でした。考えて買い物をするのは良い事だと思いました。もうひとつしていることが、自転車通勤にかえたことです。

今まで、バス通勤をしていたのですが往復の定期代がなくなると貯金にまわせること。思い切って自転車を購入し、通勤に使うようにしました。買い物も車から自転車にかえたお陰で、ガソリン代の節約にもつながりました。小さい事なのですが、チリも積もればの感覚で無理なく節約していると思います。

老後の必要貯蓄は最低2,000万円以上必要

 節約方法  老後の必要貯蓄は最低2,000万円以上必要 はコメントを受け付けていません。
8月 222017
 

60歳定年と考えた時、その後いくらの貯蓄が必要かご存知でしょうか。
最低でも2,000万円は必要だと言われています。
30歳から本格的に貯蓄を始めるとしたら毎月約5万5千円くらいずつ貯めていく必要があります。
月に5万円以上貯蓄に当てるのはなかなかキツイ方も多いかと思われます。
そこで何を削っていかなくてはいけないのか、私なりに考えました。
私は営業職ということもあり外食が多いです。ランチで1000円はかかります。
また夜も疲れて外食が殆どでそこで1000円以上使ってしまいます。
独身生活を送っていると食事に手を抜いてしまいます。
単純計算で食費全部手料理にかえて、ランチも夜の残り物を詰めるという風にすれば2,3万円は貯めることができました。
もちろんときには外食も挟みますが、特別な飲み会などない場合は基本外食しないようにしました。
また、美容院やマッサージに行っていた頻度を減らしました。
毎月行っていたので、美容院、マッサージ合わせて約2万円を2,3ヶ月に1回に減らしました。
メルカリで要らないものを売ったり、クラウドワークスなどで空いた時間にアンケートや記事を書いたりして1ヶ月で一万くらいは貯められるようになりました。
いかがでしょうか、是非みなさんも試してみてください。

他の人に惑わされることが大切です

 節約方法  他の人に惑わされることが大切です はコメントを受け付けていません。
8月 042017
 

中には、子育ても、一人っ子の場合。模試にまでも、下見をするという親子までいるのです。
その子供のためにだけ、集中できるお宅はいいのですが、家も裕福だったりして、とても一般人には、そこまで、及ばないのです。
そこまできちんとしていると、家計もしっかりと管理されて、間違いはないというお宅もあります。少数だと思います。そんなに、家計簿つけて、管理など、できません。

それでも節約できないかというと、そのお宅に比べると、そうだと思いますが、恵まれたセレブ家庭でもない限り、車を筆頭に、機械の力を借りて、何とかするしかないのです。
家族も少ないと、助けようもないのです。最高の上を目指さないとこも、節約につながるのだと思います。
お宅お宅では、家計も違いますから、同じようにしてしまうと、無理が来ます。今は、できていても、あと後できなくなってしまうと、後のほうが大きいです。

それに、子供がいる場合、子供にまでも節約をすることがあるので、影響していきます。
人のまねをしないことも、お金が増えたり、なくさない秘訣かもしれませんよ。自分ができることが一番確実です。
すごい相手には、すごいとだけ思うように視野ほうがいいのです。 

安いスーパーに苦労していくより、定期的に携帯ショップへ行こう!

 節約方法  安いスーパーに苦労していくより、定期的に携帯ショップへ行こう! はコメントを受け付けていません。
7月 272017
 

節約と言えば、安いスーパーを探して食材を買ったり、コンセントをこまめに抜いたりなどの電化製品の使用を控えることが一般的ですが、私がまず第一にお勧めする節約術は携帯料金の見直しです。

みなさん普段どんな時に携帯ショップに行きますか?きっと、携帯の調子が悪い時か、同じ機種を使って2.3年たち、そろそろ機種変更しようかな~というタイミングだと思います。
以前私も携帯ショップで勤務していましたが、一部の常連のお客様を除くと、ほとんどの方が2.3年に一度しか携帯ショップに来られません。

そして、そんなお客様の大半は、合ってないプランを使用されていたり、不要なコンテンツを付けて忘れたままの状態です。無駄に何千円も払い続けていたという人を何人も見てきました。

今や生活になくてはならない携帯電話・スマートフォンは、数年前に比べて月々の費用も上がり、生活費を圧迫していると思います。

おすすめとしては、機種変更などで新しく購入した際は、その2ヶ月後に一度プランの見直しをするべきです。
また、携帯業界のプランはかなりの頻度で変更がありますので、そんなニュースを見つけたら、その都度プランの見直しをすべきです。

そうすることで、1円でも安い食材を求めるよりも簡単に毎月何百円、何千円の節約が可能になります。

是非一度、携帯ショップへ足をはこんでみてください。

貯蓄って意外に簡単な物なんです。

 節約方法  貯蓄って意外に簡単な物なんです。 はコメントを受け付けていません。
7月 252017
 

貯蓄・・・ 皆さん何歳までに何円貯めたいと計画していますか?
まずは目標あり気だと思います。
65歳から年金生活に入るには3000万円~5000万万円必要と言われています。
貴方の生活スタイルによると思いますがまず目標の設定から始めてみてください。
目標が決まったら後何年でその金額を貯めないといけないのでしょうか?
10年?20年?現在の年齢にもよりますが1年間で貯蓄していかないといけない金額が出てくると思います。
ではどう貯蓄していくの?
後は収入と収出の関係だけです
収出は3つのグループに分かれると言われています。
①固定費 ②変動費 ③貯蓄費
①固定費とは
税金、家賃(持ち家の方なら固定資産税)などどうしても年間で収出していく物
②変動費とは
通信、飲食、娯楽など月間年間で変動して収出していく物
③貯蓄費とは
貯金に回すお金(私は収出と思っています)
貯蓄をしようとするとどうしても変動費の削減をしようとしてしまう方いませんか?
何かを我慢して我慢してお金を貯める・・・
悪いことではないですが・・大変ではありませんか?
ちょっとだけ貯蓄費に目を向けてみませんか?
貯蓄費といいながら銀行引き落としなどで毎月の貯金金額が目減りしてしまっている方いませんか?(定期預金に入れている方は別かもしれませんが・・)
毎月しっかり貯めるために固定費の金額を考慮してしっかり貯蓄に回す
これをしているだけで年間目標金額を貯蓄していくことができるんです。

 Posted by at 2:00 PM  Tagged with:

地下の節約が、破格の節約なのです

 節約方法  地下の節約が、破格の節約なのです はコメントを受け付けていません。
7月 212017
 

“銀座の鳩居堂が一ツボ4000万円以上するそうです。
それならば、似たような音付きのある街、京都に土地を買うのが、とてつもない節約になります。
鳩居堂と京都では。40分の1ぐらいの核の差があるのです。極端に、お安いです。静かな町です。
東京に住むよりも、地方に住む。これは、そうとな金額の節約です。

京都は、物価が高いイメージですが、最近では、さほど、高いこともなくなりました。
大阪にあるようなスーパーマーケットも進出してきているのです。
更に、関東から、移り住むと、近くの観光をするだけで、とても得した気分になるのです。
実際、関東では味わえないようなレジャーができるので、住みながら、観光しているような缶買うになり、
近くても、遠くまで行って、旅をしてきた気持ちになります。
そこで、疲れたりします。人の脳というのは面白いものです。

更に、関西は、人が少ないので、遊園地もユニバーサルスタジオジャパン以外は、乗り物もすぐに乗れるのです。
山もあります。海も近いです。世界遺産もあります。場合によっては、古墳に現地調査を見に行くこともできるのです。
例えば、大化の改新のような時代のものも見られます。お子さんにとっては、貴重な経験ができるのです。”

自分に当てはまる縮小メソッド

 節約方法  自分に当てはまる縮小メソッド はコメントを受け付けていません。
7月 162017
 

蓄積が下手くそでついつい使いすぎてしまうことが多かったのですが、日々の低減を積み重ねて、少しずつ蓄積ができるようになりました。人によってルーティンは違うので、自分に当てはまる低減術を考えるのが、ラクラク節約するしかたです。
私の形態、毎日やっぱり続けていたことを出来る限りやめました。とても、晩酌の缶ビールをやめました。お酒は好きなのですが、絶対に毎日重要と考えたシーン、毎日ではなくても大丈夫なと思えたので、これはそれ程粛々と打ち切ることができました。貯えがあれば、どうにも飲んでしまうので、貯えを買うことをやめました。ただし、やっぱり飲みたいときは無理に辛抱せず、飲んでも良いという原則にしました。貯えはないので、その都度頻度ガイドブックを買うことになりますが、全体で考えると、その方が低減になります。
次に、スナックを貰うのをやめました。スナックも大好きなので、減量のために我慢するのは辛いですが、「低減です!」と思うと不思議と買わなくても安穏になりました。ビールもスナックも減ったので、結果的に減量にもなり、一石二鳥になることに気づきました。
他には、在宅にものを増やさないことにしました。すると、在宅にものが伸びるのが嫌で、よけいな配達をしなくなりました。
生計で節約する代わりに、側への援助や手みやげはケチらないようにして、配達への念願の釣合を食べるようにしています。